PR:シャンパン & スパークリングワイン特集

JAはまゆう マンゴー選果機が起動


[flv:/common/flv2012/120327-mangosenka.flv 640 360]

 マンゴー選果機の竣工式が3月27日にJAはまゆう南郷選果場で行われ、関係者約40人が参加しました。はじめに安全を祈願して神事が行われ、参列者は玉ぐしを奉納しました。

 このあとJAはまゆうの藏富組合長が、マンゴー選果機の起動ボタンを押し、機械が稼働しました。 マンゴー選果機の整備は2009年12月から建設委員会で進められ、昨年の11月に完成し、宮崎県では4番目の導入になります。 総事業費は6920万円(国庫の補助金3516万円含む)で、処理量は5400玉/時(2.2t/時間)です。

 マンゴー選果機の導入で、戸別選果の作業負担が減り、果実の大きさや重量、糖度測定など品質安定が図れます。

 JAはまゆう南郷選果場の販売統括課・重山係長は「品質としては常に県ナンバーワンを目指しているので、全国で一番価値あるマンゴーを作れるのではないかと感じています。生産者の意識も変わってくると思いますので、生産者と一致団結して全てを取り組んでいきたい」と話していました。

 今年度のJAはまゆう管轄によるマンゴー出荷量は155トンを見込んでおり、今日の初出荷から8月下旬頃まで続きます。






★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ