PR:Tポイント貯まるYahoo! ショッピング「戸村本店 焼肉のたれ」好評販売

迎春準備の鵜戸神宮 玉橋を改修


放送終了

 シャンシャン馬や運玉投げで有名な鵜戸神宮(本部雅裕宮司)で、玉橋渡り初めと、正月を迎える準備作業が12月27日に行われました。

 楼門に飾られている絵馬が「辰」から「巳」に掛け替えられました。
大きな絵馬にはアクリル絵の具で神職が描き、絵馬の大きさは、高さ1.2メートル、幅1.8メートルあり、白蛇が巳の漢字を描くデザインとなっています。

 そして、玉橋と手水舎、玉垣の改修工事による竣工奉告祭が行われました。橋の長さは9 .3メートルあり、参拝者は玉橋の渡り初めをした後、奉祝餅をもらい完成を祝いました。

 このあと、2人の神職によって亀石にある古いしめ縄を取り外され、鵜戸神宮の御神田のワラでなわれた、新しいしめ縄に張り替えました。しめ縄の長さは7.2メートル、直径7センチ程あります。

 迎春の準備を終えた亀石を目がけて、観光客たちが運玉を投げ、来年の願い事をしていました。 運玉は男性は左手、女性は右手で投げて、くぼみに入ったら願いが叶うと言われています。

 12月中旬から準備をしていた、おみくじやお守りは、およそ8万個。鵜戸神宮の正月三が日は15万人の参拝客を見込んでいます。






★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

たまひよSHOP