広島東洋カープ新人選手が学校訪問(2013)

NO IMAGE

配信終了

 春季日南キャンプ中の広島東洋カープ・新人選手4人が初オフに、北郷小中学校(森下洋一校長・全校児童生徒303人)へ訪問し、1年生から6年生の児童およそ200人から歓迎を受けました。 訪問した選手は、広島ドラフト4位で1軍昇格切符を獲得した、下水流昂(しもずる・こう)外野手(24歳・Honda#35)、広島ドラフト5位の三間優槻(みま・ゆうき)内野手(18歳・鳴門渦潮高#59)など4人です。

 始めに選手によるキャッチボールを間近で見ることができ、ボールのスピードに驚く児童たち。このあと、地元の少年野球チーム「北郷ジャイアンツ」およそ20人が選手とキャッチボールをしました。

 そして選手と児童がジャンケンをして勝った児童およそ50人には、選手から広島カープオリジナルの文房具をもらって喜んでいました。

 最後に、下水流外野手は「1年目から活躍して、ゆくゆくはカープを引っ張っていける選手になりたい」と抱負を述べました。

 第2クールを迎える広島東洋カープの春季日南キャンプは2月27日まで行われます。


日南に関する情報募集

 日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

Translate »