PR:シャンパン & スパークリングワイン特集

被災地へ繋ぐ絆リレーマラソン


放送終了

 東日本大震災から2年となる3月11日に、日南市で被災地を応援する「絆リレーマラソン」(NPO法人ごんはる主催)が開催されました。 2月に宮崎へ訪れた、福島県の子供たち15人が書いたメッセージ入りのタスキとなるTシャツを着て、被災地の復興をアピール。

 朝6時に鐘の合図で飫肥城址をスタートしました。 地元住民など30人がランナーを務め、約80キロのコースをおよそ8時間かけて走ります。 途中、鉄道を使うためJR北郷駅に到着。 絆リレーのランナーは懸命に走り、復興の思いの詰まったタスキを次のランナーへと繋ぎます。

 そして、予定よりも早く14時05分に無事ゴールしました。 ゴール地点の飫肥城址内では、市民の輪・祈りとして、ランナーや飫肥小学校の児童などおよそ350人が集まり「絆」という人文字を作りました。最後ランナーを務めた中学生は「被災地の人がみんな元気になってくれると良いと思って走った」と話していました。

 鐘の合図で地震が発生した14時時46分に黙とうを捧げました。 あの悲劇の出来事は、決して風化しないために、それぞれの思いを被災地へ届けました。

 NPO法人ごんはるの姫野慈人代表は「支援を続けることは気持ちだと思う。永遠と支援が出来る 絆の強い町、被災地支援の先進地となりたい」と話していました。






★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ