PR:Tポイント貯まるYahoo! ショッピング「戸村本店 焼肉のたれ」好評販売

迎春準備の鵜戸神宮 しめ縄を交換


放送終了

 シャンシャン馬や運玉投げで有名な鵜戸神宮(本部雅裕宮司)では、正月を迎える準備作業が12月27日に行われました。

 本殿で祭典が行われた後、2人の神職によって亀石と呼ばれる岩にある古いしめ縄が取り外されました。 そして鵜戸神宮の御神田のワラでなわれた、新しいしめ縄に張り替えられました。
しめ縄の長さは7.2メートル、直径7センチ程あります。

 作業が終わると観光客たちが亀石を目がけ運玉を投げ、来年の願い事をしていました。 運玉は男性は左手・女性は右手で投げて、亀石のくぼみに入ったら願いが叶うと言われています。

 このあと楼門に飾られている大きな絵馬が「午」から「未」に掛け替えられました。 この絵馬の大きさは、高さ1.2メートル、幅1.8メートル。
絵は神職がアクリル絵の具で描いたもので、未が描かれたデザインとなっています。

 本部宮司は「正直清浄。世の中も政治・経済も落ち着いてきつつあります。人の心も正直清浄の気持ちを取り戻して、いい年にしたいと願っています。1年の節目を迎えて新しいしめ縄で清らかな心でご奉仕したい」と話していました。

 12月から準備をしている、おみくじやお守りなどは、およそ5万個で、初詣客を待つばかりとなりました。鵜戸神宮の正月三が日は15万人の参拝客を見込んでいます。





★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


たまひよSHOP