PR:インターネット引越手続き専門サイト【引越手続き.com】 引越手続

今年で10年目 中学生のサーフィン授業


 全国的に珍しいサーフィン授業が今年も始まりました。
6月3日に授業を受けたのは、鵜戸小中学校(宮脇隆校長・児童生徒45人)中学部の生徒10人です。

 サーフィン授業を始めて今年で10年目。
体育と総合の時間に行うサーフィン授業は、学年によって週に2回程あり、6月第3週から5・6年生の児童も授業を受けます。

 この日の気温は26度で、まずまずのコンディション。
生徒たちはバディを組んで、日南市サーフィン連盟(川畑龍一理事長)のインストラクターから指導を受けていました。

 生徒たちはパドリングの練習をしたり、慣れている生徒は大きい波に乗っていました。
授業を受けた生徒は「みんなで友達とサーフィンできたので面白かった。波はそんなに良くないけど天気が良かったし、海水がすごいキレイだし楽しかった」「何回か波に乗れて楽しかった。ひとりで乗らないといけないので、練習して頑張りたい」と話していました。

 郷土愛を育む目的で行っているサーフィン授業は、1学期いっぱいまであり、7月7日には学校主催のサーフィンコンテストが開かれるそうです。






★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


たまひよSHOP