PR:シャンパン & スパークリングワイン特集

外浦かつお・まぐろ祭り


 外浦かつお・まぐろ祭りが2月26日に初開催(外浦漁業協同組合・日南市主催)。 日南市南郷町にある外浦漁港には、色鮮やかな大漁旗が飾られ、魚の干物や加工品・野菜などが販売されていました。

 行列の正体は、かつおの刺身の振るまい。 そして、まぐろと初かつおの解体ショー! 近海沖で捕れた約3キロ程ある初かつおが、職員によって見事に捌かれていきます。 子ども達も注目する中、次は藁焼きにして炙りはじめました。 藁焼きにされたかつおは来場者に振る舞われ、塩を付けて食べていました。 藁焼きかつおを食べた人は「美味しいです。脂がのっていて」と美味しそうに食べていました。

 宮崎で水揚げされた1.5キロ程の初かつおが1本900円で販売。 かつお1本売りは最近見かけない中、用意された57本は、瞬く間に完売。 残念なことに買えなかった人は「買えなかったです。息子が帰って来ているから、福岡に持たせようと思って並びました。負け組ですね」と明るいコメント。

 このあと、甘い醤油に付けたかつおをご飯にのせた「かつおめし」の試食が100人に振る舞われました。 3月1日から1ヶ月間、ワンコインで食べられる「かつおめしフェア」が南郷町内の飲食店で開かれますよ。

 会場には、擬餌針(シャモ)で出来た「勝を釣る御守り」を販売するお店もありました。 どうやらこの御守りは漁師の手作りで、霧島神社にて祈祷されているのでご利益が期待できそうです。 御守りについて、かつお一本釣りギャラリー協議会の外山晴子さんは「かつお針を使っていますので、勝を釣るとかけて、運が良くなるというので、受験の合格とか金運・大漁・良縁・健康、何でも結構です!」と話していました(問い合わせ:南郷町商工会)。

 このほか、昔の港の写真や魚群探知機などの展示も注目を集めていました。

 魚食のPRと地域活性化を目指して開かれた「外浦かつお・まぐろ祭り」。 初かつおシーズンということもあり、会場にはおよそ1000人以上が市内外から訪れて賑わっていました。

日南の特産品が買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)
ポンパレモール日南物屋


【PR】埼玉西武ライオンズの選手たも捌いて食べた「初かつお」はポンパレモールでGET!!
初かつおはポンパレモール


★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。