PR:シャンパン & スパークリングワイン特集

日南海岸・富土 伊勢えび漁スタート


 日南海岸の伊勢えび漁が9月1日に解禁!
今年は月夜の影響などから11日が初水揚げとなった富土漁港。 港から約400メートルの沖合に仕掛けた網を1時間程で引き上げたあと、鈎(かぎ)という道具を使い、漁師らが手際よく伊勢えびを捕って、かごの中に入れていきました。

 気になる水揚げは、去年の初日よりも30キロほど少ない、約50キロの水揚げで、大きいもので1匹1キロ近いものもいて、キロあたり約5,500円前後で取引されました。

 初日の漁について日南市漁協・富土漁港の高橋保彦さん(41歳)は「波がなく穏やかだったので、期待通りには捕れなく少なかった。大きいえびも混じっていましたので、これからの漁に期待したい」と話していました。

 日南市内の水揚げは昨年度19・5トンで、水揚げ高は1億711万円ありました。(日南市内 ▽2014年度19.2トン ▽2015年度22.2トン ▽2016年度22トン) 伊勢えび漁は年内を中心に来年4月14日まで行われます。

 新鮮な伊勢えびが食べられる「日南海岸伊勢えびまつり(同まつり実行委員会主催)」が日南市内の16店舗で9月15日から11月30日まで開催されます。

日南で捕れた伊勢えびが買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)






★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。



たまひよSHOP