火災件数増  消防出初め式(2018年)

配信終了

 新年の風物詩「消防出初め式」。
今年は北郷大藤分団を先頭に消防団員13分団、消防署員など、およそ1300人が参加。 積載車やポンプ車など合わせて56台が日南市飫肥(おび)の本町商人通りをパレードしました。

 このあと河川敷では規律点検が始まりました。
防火啓発活動をしている北郷小中少年消防隊(北郷小中学校 中学1・2年生24人)。去年8月、活動服が新しくなって初めての通常点検です。 北郷小中少年消防隊の隊長・平嶋翔和さん(14歳)は「緊張していて出来るか不安でしたが、練習の成果が出せたのでいい経験になりました」とコメント。

 そして、放水車24台による一斉放水が5分間行われ、寒い中見物に来ていた市民から歓声が上がりました。

 日南市消防団・北郷大藤分団長の福田浩二さんは「まだ火災警報器が付いていないところがあるので、設置の呼びかけをしたり、大藤地区はいろんな施設が多いので、施設の人や地域住民の安全安心を守るためいろんな取り組みをしたい」と話していました。  

 消防団員は定数1406人に対して、ここ近年、減少傾向です。

 2017年、日南市内で発生した火災は28件、救急は2356件で、火災件数は一昨年より14件増加しました(情報:日南市消防本部 2018.1.1現在)。

日南の特産品がお得に買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)






★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


Translate »