野中金右衛門の功績を讃えた木材市

配信終了

 日南市の特産材である「飫肥杉(おびすぎ)」の植林を進め、普及に貢献した旧飫肥藩の藩士・野中金右衛門(のなか・きんえもん)の功績を讃えた木材市が開かれました。

 日南市北郷町にある日南製材事業協同組合の敷地には、飫肥杉の丸太7500立方メートル分が集められました。 はえ積みになった飫肥杉は、樹齢40年から80年ほど、長さおよそ3メートルから4メートルで、4種類に分けてあります。

 木材市には県内だけでなく、熊本県や鹿児島県などから、およそ50人の木材業者が買い付けに来て、買い入れ価格を書いて落札していました。 地元から参加の女性の木材業者は「いつもよりだいぶ多く出ているので、少しでも多く買って帰りたい」とコメント。

 組合によりますと、今年の落札価格は1立方メートルあたりおよそ1万1千円と、例年より500円ほど高かったということです。

 組合の高嶺清二理事長(69歳)は「相場はそこそこ需要期であり、今日の市に出ているのは寒伐りで、梅雨を越せる立派な木。今後は海外へ向けて販路開拓をしてきたい」と話しています。

日南の特産品がお得に買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)







★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


Translate »