シャンシャン馬道中の再現(2018)

配信終了

 日南海岸の風習であるシャンシャン馬道中を再現するイベント(春三月日南市シャンシャン馬道中を再現する会主催)が3月25日に鵜戸神宮で行われました。

 今年、再現をしたのは、公募で選ばれた日南市の林正浩さん(40歳・会社員)、光さん(31歳・会社員)。宮城県から朝井寛輝さん(27歳・高校講師)、香奈さん (27歳・保育士)の2組のカップル。

 花嫁は華やかな着物、花婿は手甲・脚絆(てっこう・きゃはん)と和装の旅姿に身を包み、縁結び安産として知られる鵜戸さん参りをします。 鵜戸神宮といえば恒例の運玉投げに挑戦。、見事くぼみに入りました。

 このあとシャンシャン馬道中唄に合わせて、花嫁を馬に乗せて観光客にお披露目。 リハーサルで馬が暴れるハプニングもありましたが、2組とも再現をすることができました。

 光さんの強い想いで再現をすることが出来た林さん夫婦「ずっと前から楽しみにして遙々飛行機で来ましたので、今日は良い天気の中で満喫できて良かった」「すごい揺れました。高いところから皆さんを観られることが出来て、新しい体験が出来た気がします。手綱さばき素敵でした」とコメント。

 新婚旅行をかねて参加した朝井さん夫婦は「私の独断サプライズという形で応募しました。今までに味わったことのないような景色でした。後ろを見ながら気にかけてくれながら、優しく先導してくれたと思います」「実際やってみたら、これはやって良かった。みんなに祝福され家族も喜んでくれた」と話していました。

 シャンシャン馬とは、江戸時代の中期、宮崎では花嫁を馬に乗せて鵜戸神宮へ参拝する習わしがあり、馬にかけられた鈴がシャンシャンと鳴ることから、この名前がつけられました。
 このほか鵜戸神宮の儀式殿では、シャンシャン馬道中唄の全国大会が開かれ、決勝に進んだ参加者は自慢の歌声を披露していました。

日南の特産品がお得に買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)







★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


Translate »