芋苗の植え付け始まる

 焼酎出荷量、3年連続日本一の宮崎県。
芋焼酎の原料となる芋作りが日南市の酒谷で始まっています。 苗の植え付けを行っているのは、京屋酒造の子会社であるアグリカンパニーです。

 9人のスタッフが指し棒を使って、9ヘクタール程ある畑に一本ずつ丁寧に植え付けをしました。

 去年の12月からビニールハウスで育てられた紅寿芋の苗は、直径約20センチ程あります。 今年は寒暖差の影響から、去年より10日ほど遅れた植え付けとなりました。

 苗の生育について、農場長の高井克己さん(47歳)は「今年はちょっと寒くて最初の芽の出が遅かったが、今は無事に作業が出来ています」▽どんな焼酎の原料に使われるのでしょうか「甕雫・極という焼酎の原料になります。オーガニックなどこだわりのある方に飲んで頂けるとうれしい」と話していました。

 3月下旬から始まった苗の植え付け作業は6月頃まで続き、収穫は8月下旬頃を予定しています。 紅寿芋は1房で約1キロ採れることもあり、今年はおよそ100トンの収穫を見込んでいます。

日南の特産品がお得に買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)







★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


Translate »