北郷小中学校運動会 北郷温泉音頭と杉山情歌を披露

 秋晴れに恵まれた日南市。北郷小中学校(田上幸雅校長・全校児童生徒299人)では幼小中一貫教育として10年目となった記念すべき合同運動会が9月16日に開かれました。

 中学3年生の団長、小学6年生の副団長を中心に迫力ある団技やリレーなど、約30種目の競技が繰り広げられました。 中には入学を予定している子ども達による徒競走も。

 温泉に誘う振付や歌詞が特徴の「北郷温泉音頭」と、威勢良く木払いをするなど勇壮な男踊りの「杉山情歌」を全校児童と生徒などが踊りました。

 地元でいつまでも歌い継がれてほしいと、2曲とも1980年に作られましたが、踊り手や指導者が少なくなり、2017年から日南舞踊協会北郷さくら教室のメンバーらが指導しています。

 踊ってみた児童は「やっぱり北郷は良いところだと分かりました」「まだ覚えていなかったけれど、みんなと一緒に踊るのは楽しい」とコメント。

 団長を努めた中学生は「気温がどんどん上がって、蒸し暑い中、声や元気がなくなっていったけれど、僕たちリーダーが応援で引っ張っていけたので良かった」「平成最後という節目なので、どこの中学校にも負けないぐらいの日本一の運動会になったと思う」と話していました。

 人口減少が広がる中、地域の活性化を狙った合同運動会。郷土愛を深めながら汗を流していました。

日南の特産品がネットショップで買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)


★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

Translate »