日南市が飫肥指定管理者の議案を撤回

日南市が飫肥指定管理者の議案を撤回

 飫肥(おび)城下町指定管理者の交代で、波紋を呼んだ日南市。12月14日に開かれた日南市議会で、市が提出した指定管理者に関する議案(議案第111号-日南市立飫肥城由緒施設及び日南市国際交流センター小村記念館の指定管理者の指定について)を採決前に市が撤回するという異例の事態となりました。

 議案の取り下げについて、崎田日南市長が「飫肥城由緒施設等の入場者が減少する中、飫肥全体の観光資源を活用し、施設の入場者を増加させる考えに基づき指定管理者を公募した。しかし議会において、飫肥城由緒施設等の設置条例の設置目的には、観光振興が含まれていないため、飫肥全体の観光資源の活用については切り離して考えるべきなどの意見がされた。市といたしましては公募に関して、法的な問題はないと考えていますが、議会の意見等を踏まえ関係条例等の精査を行うため本議案を取り下げることになりました」と説明。

 これまでに市議会では、指定管理候補が設立1年未満の会社であることや、選定基準の方法が適切だったかなどの一般質問がありました。 議案が採決前に撤回されるのは、合併後の日南市では初めてです。

 今回の件について、崎田日南市長は「様々な観点から再考をしてほしい意見が多かったと認識。飫肥全体の観光のこと、指定管理の建物のことを切り離して考えるべきと、条例から見直すことになっていくと思う。市の所有している施設だから4月からしっかりスタート出来るように準備をしていきたい」と話していました。

 この議案が撤回されたことで日南市では今後、条例の改正や再度公募をするかなどを早急に検討を進める考えを示しています。

日南の特産品がネットショップで買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)

日南に関する情報募集

日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

Translate »