PR:シャンパン & スパークリングワイン特集

日南学園 春夏連覇の甲子園出場!


 2年ぶり8度目の甲子園出場を決めた日南学園(日南学園5−1宮崎商業)。春夏連続の甲子園出場は21年振りとなります。

 森山弦暉主将は「嬉しさ半分ホッとした気持ち半分です。甲子園では春に勝つことができなかったので、絶対勝つという気持ちでやってきた。まずは一勝したいと思います。粘り強さが今のチームの強みなので、思う存分発揮できるように、やるべき事はしっかりやって甲子園に臨みたい」と意気込んでいました。

 試合を振り返って、金川豪一郎監督「3週間前にベンチ入りメンバー発表した時に、悔し涙を流す3年生もいた。翌日から一生懸命サポートに回ってくれて、そういう姿を見た時に彼らに二度悔し涙を流させるわけにはいかないと言う思いで戦ってきた。試合終わった時にスタンドで笑顔の部員を見た時、非常に嬉しく思いました。今までやってきた事をいかに甲子園で出せるか確認をしながら甲子園に臨みたい」とコメント。

 日南学園野球部の保護者代表・石嶋謙一さん「やっぱり非常に嬉しい。春に甲子園へ行って、夏に行く難しさを分かっていますし、選手も頑張って一から鍛え直して夢が叶うことができて嬉しい。甲子園に勝利という忘れ物をしているので、もう一回取りに行くように頑張って欲しい」と話していました。

 日南市役所には優勝を祝って懸垂幕が掲げられました。 学校では近日、壮行会が行われる予定です。 甲子園は8月7日(土)から15日間、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催されます。





★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


たまひよSHOP