日南市漁協で初競り

NO IMAGE

配信終了

 日南市漁業協同組合荷捌き所で、2013年の初競りが1月4日に行われ、昨年の初競りよりも多い、およそ6,100キロ(510万円)の水揚げがありました。

 初競りには地元仲買人や関係者など、およそ70人が集まり賑わいを見せていました。
はじめに、濱上貢組合長が「燃料高騰や漁獲量の減少、震災の影響などで厳しい状況に置かれていますが、今年は豊漁を願っています」とあいさつを述べました。

 三本締めをした後、初競りが開始され、ご祝儀相場では、都井岬沖で捕れたカツオが1キログラムあたり2,000円(通常の2倍)で競り落とされました。

 日南市漁業協同組合による昨年の水揚げ量は、9,791トン(47億5750万円)で、一昨年の水揚げ量を660トン(2億4331万円)下回りました。

漁協は威勢の良い掛け声が響き渡り、活気に包まれていました。


日南に関する情報募集

 日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

Translate »