PR:シャンパン & スパークリングワイン特集

日南市総合防災訓練


放送終了

 防災の日を前に、日南市総合防災訓練が8月31日に行われました。
この訓練は日南市防災公園が災害発生時に防災拠点地として、避難者の一時受け入れ場所で機能するか実証するために行われ、消防や自衛隊、警察や医療機関などおよそ300人が参加しました。

 訓練は南海トラフを震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、沿岸に大津波警報が発令されたことを想定。
 
 避難者の受け入れや医療機関によるトリアージ訓練。
そして自衛隊や警察、消防による合同救助訓練や災害対策本部の運営方法などを確認しました。 ドクターヘリによる患者の搬送などが行われ、参加団体は真剣な表情で訓練に参加していました。

 日南市消防本部・柳沼消防長は「初めてブラインド方式による訓練。それぞれの事案を持ち寄り発表する形式で、緊迫感を持って実戦に臨む訓練になった」と講評しました。

 移転した消防庁舎と新しくできた防災公園でのこうした訓練を行うことは初めてです。





★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。