PR:インターネット引越手続き専門サイト【引越手続き.com】 引越手続

みやざき丸に乗船 漁業研修生の出発式


配信終了

 漁業に必要な知識や技術が学べる宮崎県立高等水産研修所(研修生10人)の乗船実習が9月から始まりました。

 出発式には 研修生や船員などが集まり田中宏明所長は「4月からやってきたことを実践するという気持ちで頑張ってもらいたい。船の上では船長の言う事は絶対です。研修生という甘い気持ちは持たずに乗組員として自分の役目を果たしてもらいたい」と激励。

 研修生を代表して間瀬晴生さんは「9日間の実習の中では、カツオ一本釣り漁業を通して、実際にカツオを釣り上げ漁師の仕事を学ぶと共に、船舶の運航や機関の運転など必要な知識や技術を身につけるよう実習に励みます。強い海の男になるために、私たち5名は一生懸命頑張ることを誓います」と決意を述べました。

 そして研修生は、みやざき丸に乗り込み、16時に油津港を出航しました。
県漁業調査取締船「みやざき丸」は全長約44メートル・重さは199トンあります。 みやざき丸は、鹿児島で餌を積んだ後、九州西方の海域で実習する予定で、9日間にわたり、カツオ一本釣り漁や技術実習などを行うそうです。




★日南テレビ! は、あなたが知ってる日南情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。