PR:シャンパン & スパークリングワイン特集

広島 春季キャンプ2017・日南パレード


 今年で55回目となる広島東洋カープの春季キャンプが2月1日から日南市の天福球場を中心に始まっています。 
 2月5日、日南市では初となる、25年ぶりのリーグ優勝を祝うパレードが行われることで、国道の一部が通行止め。 日南市の職員や警察合わせて約300人体制で警備。 日南では初となる歩くパレードは新たな歴史を刻もうとしています。

 雨が降る中、音楽に合わせて選手や監督らおよそ50人が入場し、オープニングセレモニーが開かれました。 来賓として出席した河野俊嗣宮崎県知事(52歳)が「広島生まれの私としては万感な思いでここに立っております。これ以上話すと泣き出してしまう。今日の雨は日南・全国のカープファン感激の涙であります。これが日本一の感激の涙となるようここからスタートするという思いでサポートしたい」と激励をしました。

 ひなもり保育園・渡部陽斗くん「去年は25年ぶりのリーグ優勝、本当に素晴らしかったです。緒方監督最高に神ってました。日南からいつも熱い声援を送っていました。今年も緒方監督の素敵な笑顔と選手の格好いいプレーがたくさんみたいです」とあいさいつ。
   
 かわいい園児による激励のあと、日南サンフレッシュレディと園児が、監督・選手らに赤いスイートピーの花束を贈呈。
 
 たくさんの激励に対し、緒方孝市監督(48歳)は「雨の中たくさんの人に来て頂きありがとうございます。そして日南市のみなさまのおかげで昨年我が広島東洋カープは優勝しました。25年ぶりとなるセントラル・リーグ、ペナントを制覇することになった。今日こうしてみなさんの前で優勝の報告が出来ることを喜びと共に誇りに思っています。日南市で優勝パレードが出来ることを心から嬉しく思っています。ご存じのように広島カープは練習に練習を重ね、選手を鍛え育て強くなっていく球団です。なにより練習する環境が一番大事。シーズンスタートの上で一番大事なこの春季キャンプのグラウンドを今年で55年間も日南市みなさんが環境を整え支えて頂き心から感謝いたします。この天福球場は私もコーチ・選手全員がプロ野球選手としてスタートする場所でもあります。この場所からこの場所へと帰ってくることで初心に返ることができ、身の引き締まる思いで練習が始まります。今シーズン厳しい戦いになると思いますが、2年連続リーグ優勝、日本一を勝ち取るべく、チーム一丸となって頑張って参ります」とあいさつを述べました。

 予定時刻よりも早い午前9時15分頃。雨が強く降る中、パレードスタート。 赤一色となった沿道には、市民やファンなどおよそ1万2000人が集まり大混乱!(日南市観光協会発表) 通称「カープ一本道」でも多くのファンが声援を送っています。 監督・選手たちは、傘を差しながら天福球場までの道のり800メートルを歩きます。 難所となる踏切を無事に通過し、9時30分頃、天福球場に到着。

 パレードを見た、ファンは「普段あんな距離で観ることないのですごく新鮮で良かった。選手・コーチとか手を振り返えしてくれて嬉しかった」とコメント。

 パレードが終わり、屋内練習場ではウォーミングアップや守備練習が始まりました。 (新入団選手)ドラフト1位・加藤拓也投手(21歳 #13/慶応大)は1軍キャンプでスタートを切ります。  昨シーズン・リーグMVPに輝いた新井貴浩内野手(40歳 #25)。 最多勝と勝率1位の2冠・野村祐輔投手(27歳 #19)はブルペンで投球。

 練習中、小窪哲也選手会長(31歳 #4)が、野村元監督とあいさつをする場面も。 日本シリーズの悔しさを胸に、ファンを熱く魅了するプレーが観られます。

 昨シーズン、春季キャンプに約7万2000人が日南を訪れ、今シーズンはさらに増えると予想されています(日南市観光協会)。 「カ舞吼!-Kabuku-」をキャッチフレーズに、33年ぶりの日本一を目指して3月31日の開幕戦に備えます。 広島東洋カープ日南キャンプは、一軍は一次キャンプを日南で2月1日から20日まで、ファームは2月7日から3月4日まで行います。(オフ日:2月6日、10日、15日、21日、27日)

日南の特産品が買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)
ポンパレモール日南物屋






★日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。
 どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。