飫肥城跡に門松としめ縄飾り

飫肥城跡に門松としめ縄飾り

 日南市の城下町、飫肥(おび)城跡にある大手門と豫章館に、江戸時代・旧飫肥藩主の伊東家に伝わる門松としめ縄が飾られ、正月を迎える準備が12月16日にありました。 今年から日南市が地元の造園業者へ設置を依頼。

 大手門の両脇に設置された高さ約6メートルの竹に7メートル程あるしめ縄が取り付けられました。

 根元部分は束にしたシイの木で固定され、縁起物の松と梅、赤い実の南天やゆずり葉。しめ縄には、子孫繁栄を願うダイダイ、米や炭、干し柿の入った袋が飾られています。

 門松としめ縄を観た観光客たちが、一足早く正月気分を味わっていました。

 神奈川県から訪れた観光客は「これがずっと続けられているのは羨ましいですね。丁度良いタイミングで来ました」とコメント。

 飫肥城跡の門松としめ縄は、来年1月15日まで飾られます。

1月1日〜3日は飫肥城由緒7施設と小村記念館は入館無料。
※12月29〜31日は休館

※このニュースの映像は日南テレビ!公式SNSにてご覧いただけます(Facebook Instagram)。

日南の特産品がネットショップで買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)

日南に関する情報募集

日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。


お問い合わせフォーム

Translate »