有事に備えて手信号訓練 日南警察署

有事に備えて手信号訓練 日南警察署


 運転免許を持っている人なら、教習所で一度は教わった手信号。 台風や地震などの停電で信号機が点灯しなくなったことを想定した手信号の訓練が10月22日、市役所前の交差点であり、日南警察署の署員8人が確認しました。

 訓練は市道が交わる十字路で自動車用と歩行者用の信号機それぞれ8台の電源を約15分間切った状態で行いました。 両手を広げると前後は赤信号、左右は青信号。

 地域課の署員1人ずつが交代で交差点の中央に立って、行き交う自動車を手信号で誘導。 補助員はプラカードを持って、歩行者やドライバーの安全を確認しました。

 ▽地域課の林航大巡査は「実際に災害が起きたときに警察官がこのような手信号をする場面が多くあると思うので、しっかりこれから先訓練を積んで、いつ起きるか分からない災害に備えていきたい」と話していました。

 日南警察署では停電で手信号を行ったことは、ここ近年は無いとのことですが、訓練を毎年行うことで、有事の際に備えたいとしています。

日南の特産品がネットショップで買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)

日南に関する情報募集

日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

Translate »