広島・日南春季キャンプ1軍手締め(2022)


 プロ野球・広島一軍の日南春季キャンプ最終日。 雨のため最初は屋内の練習場でウォーミングアップをする選手たち。

 早出組の正隨優弥(25歳 #49)や小園海斗(21歳 #51)らは打撃練習で快音を響かせていました。 ボールを目で追うトレーニングをしているのは、捕手の石原貴規(24歳 #62)と育成選手の持丸泰輝(20歳 #123)。

 外野ノックに挑戦するのは、捕手の中村奨成(22歳 #22)。河田ヘッドコーチに外野特殊を志願したそう。 宇草孔基(24歳 #38)、末包昇大(25歳 #52)、大盛穂(25歳 #59)も声を出してアピールしていました。 投手陣は外野をランニング。

 ▽日南キャンプを振り返って佐々岡監督は「日南この13日間いい雰囲気でできたと思います。ピッチャー野手陣もしっかり課題を持って、このキャンプできている思う。沖縄に行って実戦の中でその課題と個々のレベルアップを兼ねてできるかってところだと思う」と話していました。

 練習が終わり、今年から投手キャプテンになった九里亜蓮投手(30歳 #19)が手締めの音頭をとりました。

 ▽九里投手「今日で日南キャンプが終わり、明日から沖縄キャンプが始まります。実戦が増えてきますが、サポートしてくださる人々に感謝の気持ちを忘れず、リーグ優勝、日本一を目指して、しっかり1人1人が課題を持ち、1日1日を大切にしていい形でシーズンを迎えられるように頑張っていきましょう」とあいさつ。

 このあと一軍は沖縄へ移動し、休日を挟んで15日から2次キャンプが始まります。 二軍の日南キャンプは2月28日まで行われます。

日南に関する情報募集

 日南テレビ! は、あなたが知っている情報を募集しています。どしどしこちらまでお知らせしてくださいね。

日南の特産品がネットショップで買えます!

日南テレビショップ(Yahoo!ショッピング)

Translate »